光回線比較した話

最近のインターネットは、膨大な情報とともに、
光回線比較してより良いものを求められる時代になっている。

少し昔は「M=メガ」単位がすごいといわれる時代だったが、
気がつけばその単位は超える情報量を早く、送り出す技術が開発されるようになった。
光回線比較して「早く/膨大な情報」を送る回線としては、とても優秀な技術であると認識している。

そして、近年そのシェアは増加の傾向にあり、光回線が広がる前は、
ADSL回線が優勢だったが、今となっては立場が逆転し、光回線が一般に広がり、
私達にとって身近な存在となった。

 しかし、私は合えてこ光回線比較に対して、疑問を投げかけてみる。
膨大な情報量を早く送る。これが光回線の強い所ではあるが、
問題はこれは企業やインターネットでのビジネスに、
強い回線が必要としている人向けであり、一般の人間にはあまり必要ではなく、
むしろ低コストで、それなりに回線の強いADSLでも良いのではないか?

と、 月々の支払いを見てみると、その差は歴然、
光回線は5000円~6000円に対して、ADSLは2000円~3000円というコストが
低いのが大きな利点となっている。

だた、ADSLの弱点は、NTTの中継局との距離が遠いと、
光回線比較速度平均が弱まってしまう事にある。光回線にしろ、ADSLにしろ、
お互いにメリットとデメリットがある。それを光回線比較して認識した上での賢い選択を私達は決めなければいけない。

参考リンク
光回線比較

サブコンテンツ

このページの先頭へ